セルミーの口コミは嘘?効果は?モニター購入500円でチェック。

最近、鏡をみるたびに、肌・顔がどんよりして、老けてきたように感じるようになっていました。

先日大学時代の友だちと久しぶりにあったのですが、なんだか私だけが老けていっている気がしてしまいました。

肌が年齢とともに老化していくのは、仕方のないことだとはわかっているのですが、こしでも、老化を防ぎたいとアンチエイジングについて真剣に考え初めていました。



そんなときに出会ったのが、【セルミー】です。

栄養補給をするのではなく、栄養を作り出す源を元気にするというサプリです。



↓↓今ならお得なキャンペーン中↓↓






栄養をいくらとっても、そこからエネルギーを作り出す細胞が元気でなければ、いくら栄養をとっても元気にはなれませんよね。



【セルミー】を摂りだしてから、なんだか気分も前向きになって、いまでは、週に2,3度はウォーキングやジョギングをして、カラダもひきしまってきてダイエット効果まででてきました♪♪ 


↓↓特別キャンペーンはこちら↓↓





■目次
1.セルミーとは?
2.セルミーの口コミ
3.何故セルミーで元気になるのか?
4.セルミーの成分
5.セルミーの最安値はどこ?
6.山田まりやさん、SNSでも話題
7.セルミーのよくある質問
8.セルミーに副作用はないの?
9.セルミーの販売会社:悠悠館とは?
10.年齢のせい?酵母が活躍!




1.セルミーとは?



セルミーとは、栄養を補給するサプリではなく、エネルギーをつくりだす生産源の元気をパワーアップするものです。

たとえ話ですが、お米って、とっても栄養をたくわえていますが、そのままでは、たべることはできませんよね?

お米を精米して、炊くことでおいしいふっくらとした甘みのある、ご飯をいただくことができます。

人間もおなじで、とくに年齢を重ねてくると、いくら栄養をとっても、そこからエネルギーを作り出す機能が衰えていくので、だんだんと、エネルギー不足になっていってしまいます。


そうなんです。

せっかく栄養を摂取しても、【エネルギー】が作り出されなければ意味がないのです。

そのことに着目したのがセルミーです。


↓↓とにかく、元気を作り出すセルミーを試してみる?↓↓





2・エネルギーを生み出すセルミーの口コミ

さて、【エネルギー】をつくりだすためのセルミーですが、口コミをみていきましょう。

わるい口コミ










まだ、はじめて一週間ですが、あまり変化が感じられません。毎日1粒でホントに効くのでしょうか?













朝起きて、だるいということが減ったようにも思いますが、それだけのような気もするし、それだけでない気もするし、効果がイマイチわかりません。













とにかく、仕事もやりたいし、休日は休日で、フルに遊びたいので、効率よく元気になりたいと思っています。なので、即効性を期待してたのですが、まだ、飲みはじめて3日ですが、効果があったのかよくわかりません。







わるい口コミをみていると、

・変化が感じられない
・効果があったのかわからない

という口コミが多いようです。
比較的短期間の飲用でそのような感想を持たれる方が多いようです。

よい口コミ










毎朝おきては、洗濯、お弁当づくり、お化粧、出勤と朝が辛いことが多かったのですが、セルミーを飲んでからは、しっかり眠れるようになって翌日朝のパワーも変わってきました。あれっ?って感じです。













以前は、鏡をみるとどんより顔の私がいたのですが、セルミーをのんでからは、ハリ感があって、元気そうな自分が鏡の中にいます♪♪♪













効果に疑問をもったので、しばらくセルミーをお休みしたのですが、なんだかカラダがだるくなってきたので、再び飲み始めました。知り合いの先生に相談したら、しばらくやめて、なにか不調があったのであれば、それは自分の体に必要なものだったと考えてよいとのことでした。今では私の必需品です。







良い口コミをみていると、

・朝の元気がでてきた
・肌のハリ感がよくなってきた
・カラダがだるくなくなった
・写真写りがよくなった

そんな口コミが多いです。
また、最後の口コミにもありましたが、効果にすこしでも疑問があったら、すこしやめて、様子をみてみるというのもいい方法ですね。

必要なものであれば、カラダが自然とそういう結果を出します。


↓↓とにかく、セルミーを試してみる?↓↓




3.何故セルミーで元気になるのか?

さて、セルミーでなぜ、元気になるのでしょうか。

それは、オレアノール酸を含んでいるからです。



このオレアノール酸というのは、2006年にルイ・パスツール大学の研究チームによって、400種類以上の植物エキスのなかから発見された、もっともエネルギー生産源を増殖・活性化する植物エキスなのです。

地中海沿岸を中心に古くから食用として親しまれてきたオリーブの葉っぱにふくまれているものです。

そういえば、スペイン人とか、地中海沿岸地域の人達が、明るい雰囲気をもっているのは、もしかしたらこの、オレアノール酸の存在と無関係ではないかもしれませんね。

ちなみに、このオレアノール酸が刺激するエネルギーの生産源とは、TGR5という、細胞表面にある胆汁酸受容体です。この胆汁酸受容体TGR5を刺激することで、エネルギー生産が活性化されるのです。

ちょっとしらべてみると、東京大学の方が書いた論文のひとつに、【胆汁酸受容体TGR5活性化による健康寿命の延伸】なんて論文もありました。


↓↓とにかく、セルミーを試してみる?↓↓






4.セルミーの成分

さて、こんなエネルギー生産源を刺激するセルミーですが、オレアノール酸以外の成分はどんな成分が含まれているかチェックしましょう。

α-リポ酸





オレアノール酸以外の成分としてまずあげられるのが、α-リポ酸。

このα-リポ酸は、腸内細菌等によって作られる成分のひとつです。

このα-リポ酸はエネルギー生産源の内側からスムーズに動くようにサポートします。

α-リポ酸は、もともと体内でも合成されているのですが、加齢によって体内での合成量が減少してくるので、特に40代前後のかたには大きな期待ができます。

ちなみに、α-リポ酸の働きは、いくつかありますが、大きくは、@抗酸化 A肝機能向上 B エネルギー向上 などがあるとされています。


コエンザイムQ10





コエンザイムQ10は、発酵酵母由来のビタミン様物質です。

この成分も、エネルギーを生み出すサポートをします。エネルギーは食物の糖などを分解することでつくられますが、これにコエンザイムQ10が関わっています。

また、α-リボ酸とおなじく、抗酸化の作用もあることで知られています。

この抗酸化作用によって、脳や血管、そして肌の本来の状態をたもち、いつまでも若々しく保つ作用があるのです。

更に詳しく見ていくと、コエンザイムQ10には下記のような特徴があります。

コエンザイムQ10とは本来、人間の体内に存在していて、人間が生きていくための、エネルギーをうみだすのに必要な補酵素とよばれる栄養素です。

コエンザイムQ10は、ATPといわれる人間のエネルギーのもとであるアデノシン三リン酸の生成に大きく関与しているので、いきいきと生きていくために、アデノシン三リン酸の生成を増やす必要があり、それに関わる、コエンザイムQ10を増やすことが、おおきく人間の活動にいい影響をあたえるのです。


また、ほかにも、コエンザイムQ10には特徴があり、主な特徴としては、3つあります。

1.美容
2.年齢
3.食事での摂取

以上の3つです。詳しく説明していきます。

1.美容
コエンザイムQ10は、お肌にハリやつやをあたえ、キメを整える働きがあります。40代近くなってくると、年齢肌のトラブルは仕方ないかと思いがちですが、あきらめずに、弾力のある肌と、つやのある肌、そしてキメが細かいお肌をすこしでも長くたもつために、コエンザイムQ10がいきていきます。

2.年齢
このお肌のハリやつやに関わりの深い、エンザイムQ10って、じつは、わたしたちのからだの内側でつくられています。

ですが、このコエンザイムQ10は、いつまでも、わたしたちのからだの中で、永遠につくられているわけではないのです。

たとえば、心臓組織に含まれているコエンザイムQ10の量をしらべてみると、20歳前後がピークで、40歳代では、3分の2となってしまいます。

そうなんです。年齢とともに、コエンザイムQ10が減少してしまうから、お肌のハリやつやにも影響してくるのです。ですから、サプリで補うことが役立ってくるわけです。

3.食事
というわけで、食生活をとおして、コエンザイムQ10を摂取していきたいと考えますが、じつは、食事では、あまりおおくのコエンザイムQ10を摂取することはできないのです。

コエンザイムQ10は、健康維持のためには、1日に、100mgはとりたいといわれています。

ところが、食事から摂取できるコエンザイムQ10は、1日あたりに、わずか、5〜10mgしか摂取できないのです。

たとえば、イワシを100g食べたとして、摂取できるコエンザイムQ10の量は、6mg程度です。ほかに、サバや牛肉などでも摂取できますが、それぞれ、サバは、100gあたり、4mg程度、そして、牛肉にいたっては、100gあたり、3mg程度です。

ということで、年齢を重ねてくると、体内での合成量が減ってきてしまうので、食生活をとおして、コエンザイムQ10を補っていきたいのですが、なかなか、そう多くは摂取できないので、健康だけでなく、美容のためにも、コエンザイムQ10をおぎなっていきたいところなのです。

そういった観点からも、セルミーに、コエンザイムQ10が含まれているのは、心強いことです。



ビタミンB群





ビタミンB群も体に必要不可欠な栄養素で、エネルギー生産源を全体的にサポートします。

ビタミンB群といっても、たとえば、ビタミンB1は糖質をエネルギーに変えます。

そして、ビタミンB2の場合は、脂質をエネルギーに変えます。

さらにビタミンB6であれば、タンパク質を分解してエネルギーに変えます。

ということで、一口にビタミンB群といっても、ビタミンそれぞれで、色々な働きをしてくれます。こうしたビタミンB群の存在がないと、せっかく体内に栄養素が入ってきても、エネルギーに変換してくれないのです。


加齢に伴い、こうしたビタミンB群などが不足がちになるからこそ、オレアノール酸だけでなく、こうしたビタミンB群なども摂取し、総合的に、エネルギー生産源にはたらきかけていくことが重要となるのです。


↓↓とにかく、セルミーを試してみる?↓↓






5.セルミーの最安値はどこ?

さて、体のエネルギー生産源に直接はたらくセルミーですが、一番お得に手に入れられるのは、どこなのでしょうか?楽天?Amazon?

しらべてみると、セルミーは楽天ではとりあつかいはありませんでした。

Amazonでもセルミーはとりあつかいはありませんでした。

公式サイトをみてみると、いまなら、初回に限りモニター価格500円(税込)となっているので、現状では公式サイトで手に入れるのが一番お得です。

よくみると、公式サイトであれば、2回目以降もお得に購入できるような価格設定となっていますので、こうしたアンチエイジングサプリを購入するのであれば、継続していく必要があるとおもうので、余計に、公式サイトで割引のある値段で購入したほうがお得です。


↓↓とにかく、500円で試してみる?↓↓





6.山田まりやさん、SNSでも話題

セルミーは、山田まりやさんも愛用しています。
アグレッシブで元気なイメージの山田まりやさんの印象は、セルミーのおかげかもしれませんね♪♪♪




そして、セルミーはSNSでも話題です。
やはり、わたしとおなじ、幼稚園児くらいのお子さんを持ったママたちを中心に話題になっているようです。



ママたちは、朝起きてから、ずーーーと、フル回転で働いています。

実際にママの朝を振り返ってみましょう。

朝6時。朝起きて、すぐに、洗濯機を回しに洗面所に直行。

放り投げてある、息子の靴下などを洗濯機に入れながらボタンをおして洗濯開始。

朝6時15分。子供と旦那の朝食とお弁当づくり開始。下ごしらえしてあるとはいえ、朝からママは大変です。

6時45分。眠そうな旦那に声をかけて、おこしたあと、ちょうど洗濯がおわった、洗濯物を干します。

さて、やっと、7時15分ころに、自分の時間です。とはいえ、それほど時間はないので、さっと、メイクをおわらせます。

ここで、7時30分。ふとんでグズグズしている息子をおこして、朝食をたべさせます。時間がないのに、グズグズしていると、イライラすることも。。。

やっと、8時すぎ。旦那も子供も送り出し終えて、自分もこれから出勤です。

自分のことながら、よくやっていると思います。


だからこそ、セルミーのようなサプリが必要とされているのかもしれません。






↓↓とにかく、500円で試してみる?↓↓






7.セルミーのよくある質問

それでは、つぎは、セルミーに関してよくある質問をまとめてみます。

1日何粒くらい飲むのがおすすめなのでしょうか?



健康食品なので、何粒というきまりはありません。
1日1粒が、おすすめです。飲み忘れた日があったら、2粒飲んでも大丈夫です。

いつ飲むのがおすすめですか?


やはり、健康食品のため、いつがいいという指定はないのですが、疲れを残したくないときには夕食時に一粒。

そして、朝からビシビシ頑張りたい、といったときには、朝食時に1粒飲むことがおすすめです。

保管時に気をつけることは?


セルミーの保管時に気をつけることは、直射日光や、車の中など、高温多湿になる場所は避けて保管してください。

ソフトカプセルタイプのため、高音になる場所にあると、カプセル同士がくっついてしまうことがあります。

不在のことが多いのですが、配達方法は?


セルミーは、クロネコヤマトの【ネコポス】で、とどくので、不在時でも、ポストにとどけてくれます。

普段仕事で不在がちでも安心して注文できます。


↓↓とにかく、500円で試してみる?↓↓





8.セルミーに副作用の危険性はないの?

副作用があると、危険な状態に陥ってしまいます。

特にアレルギーのある方は、成分が気になるところだとおもいます。

セルミーの成分の中で、アレルギーに関連しそうなのが、ゼラチンです。

ゼラチンって通常は、アレルゲン性を含まないもので、アレルギーには関係ないとされてきましたが、日本では、ワクチンに関する特殊な事情から、一部ゼラチンアレルギーを発症する方が、相次ぎました。

なので、ゼラチンアレルギーのある方は、注意が必要です。

その他の成分は、副作用は起こさないとおもわれますが、ゼラチンとおなじく、特殊事例というものもありますから、セルミーに含まれる成分をよく確認して副作用にならないか、注意しましょう。


ちなみに、セルミーの成分は、下記の通りです。

オリーブオイル、α-リポ酸、オリーブ葉抽出物、コエンザイムQ10、酵母、ピロロキノリンキノンニナトリウム塩、ゼラチン、グリセリン、ナイアシン、グリセリン脂肪酸エステル、ミツロウ、パントテン酸Ca、V.B6、V.B1、V.B2、クチナシ色素、葉酸、V.B12


以上です。

ちなみに、1粒あたりの栄養成分ですが、エネルギーは、2.6kcal、タンパク質0.13g、脂質0.21g、炭水化物0.036g、食塩相当量0.00022gとなっています。


↓↓とにかく、お得に試してみる?↓↓





9.セルミーの販売会社:悠悠館とは?

セルミーの販売会社である悠悠館とはどんな会社なのでしょうか。

悠悠館の社長のメッセージをみるとこのセルミーがなぜ悠悠館から発売されているのかが、分かる気がします。

悠悠館の社長メッセージの冒頭にかかれているのが、武者小路実篤の【人生論】からの引用文です。


【人生にとって健康は目的ではない。しかし最初の条件なのである。】


じつに深い言葉です。まさに、日々の忙しさにかまけて、健康をおろそかにしてしまって、気づかないうちに、表情がどんよりしたり、なんとなく顔全体が老けてきたり、目の下のクマが目立つようになったりと、いろいろなことが、実は、健康をおろそかにしたところから発生しているのです。

悠悠館の社長はメッセージのなかで、健康リテラシーをあげて、たくさんの情報を手に入れて、主体的に判断して、健康を自分のものとしましょうというようなことをおっしゃってます。

人は、だれでも、年を重ねます。


私もじつはつい最近まで、心は20代のままで、まったくサプリなど必要ないと感じていました。


しかし気づけば、以前より、朝だるい日があったり、少し暑いだけで、なんだか外出もしたくなくなるなど、なんだか、メンタル面で元気がなくなっていました。


そんなときに出会ったのが、この悠悠館のセルミーでした。

悠悠館は、健康にこだわって、いろいろなサプリを販売している会社です。

セルミーだけでなく、こうじ酵素など健康サプリも多数販売している実績があるので、安心してチャレンジできます。


↓↓とにかく、お得に試してみる?↓↓






10.年齢のせい?セルミーに含まれる酵母が活躍!!

セルミーには、酵母が含まれています。

でも、この酵母ってなんの役割を担っているのかしっていますか?

糖の分解をたすけるのです。

つまり、お米などをはじめとしたものを分解するのを助けてくれるのです。

なので、栄養食品としても配合されるものではありますが、ダイエットサプリにもよく配合されています。

私はこうしたことを実はしりませんでした。そもそも、最近まで、年齢のことなど気にせずに、スポーツしたり、買い物したりと、とにかくアクティブに生きてきました。

ただ、ほんと、最近になって、なんだか体のだるさがつづいたり、化粧くずれがおおくなったりと、いままでなかったようなことが、起こりだしたんです。

何が変わったんだろう?

きづけば、わたしは40歳を超えたところでした。

旦那も、そういえば、40歳をこえて、髪の毛が薄くなる(悲)など、目に見えて衰えてきました。

やはり、人間って、残念ながら、年をとる動物なんです。

どんなに、がんばって、それに立ち向かおうとしても、むりなものは、むりなんです。

だからこそ、割り切って、年齢のために、体内ではつくりだされなくなってきたものが、あるのであれば、サプリで補っていこう、と考えたのが、わたしのセルミーサプリのはじまりです。

さて、話は脱線してしまいましたが、セルミーに含まれる成分のひとつである酵母ですが、酵母って、繁殖力と発酵力がつよく、糖分を分解してアルコールと二酸化炭素にする力があるわけです。

加齢によりよわまった、食物の分解力をおぎなってくれるのが、この酵母です!!

食物がうまく分解できないと、栄養素もうまく取り出せないわけです。

こうして、体がさらに、弱くなっていくのです。




さて、酵母を活かした商品としては、酒、しょうゆ、味噌などがあります。

どれも、健康には欠かせないものばかりですね!!

ということで、こうした特性をいかして、薬用や栄養食品として酵母がセルミーをはじめとした活力のためのサプリに配合されいるのです。

その大きさは、1/1000ミリと、かなりの小ささですが、その「発酵」力には素晴らしい力があります。


ぜひ、こうした酵母成分のちからを意識しながら、サプリを補給していきましょう!!


↓↓今ならキャンペーン中↓↓




 

サイトマップ